骨董品の買取が予想外の結果に!

行き場のない譲り受けた骨董品

以前、父親から譲ってもらった骨董品を処分したことがあります。
田舎に帰ったときに貰ったのですが、正直なところ少しも興味がありません。
しかし、父親にとっては貴重なものらしく、大切にしてほしいと言われました。
妻と暮らしている家には置いておく場所がありません。
そう思ったので妻に電話をしたところ、できれば処分してきてほしいと言われました。
少しひどいと思いましたが、彼女の心境を考えると無理もありません。
もうすぐ出産するので、新しい家族を迎え入れるためにも、できるだけ広いスペースを確保する必要があります。
とはいえ、父親から与えられたものをゴミとして廃棄するのは気が引けます。
ゴミ同然の価値だったとしても、自分を思いやってくれたのは間違いないでしょう。
恩返しの一つぐらいするのが本来のマナーです。
そう考えていたところ、妙案が頭に思い浮かびました。
これを現金化して父親に還元しようと思ったのです。
ただし、急にお金を渡しても怪しいと感じるかもしれません。
そのため、食事に招待したりプレゼントを贈ったりするのが妥当です。
両親の結婚記念日が近いので、そこを選べば自然と実施できそうです。
ここまでは順調に決まったのですが、そこから先の具合案を出せない状況が続きます。

行き場のない譲り受けた骨董品骨董品の現金化は専門ショップで予想以上の査定額で即決その場で現金化